北アルプス ドローン大縦走

8月11日(山の日)の、NHKの特集「北アルプス ドローン大縦走」を見ました。登山家がドローン(Phantom4)と撮影機材一式を背負って北アルプスを縦走し槍ヶ岳~奥穂高を目指す姿を空から撮るというもの。
https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170811-21-01086&pf=p

前半の尾根伝いに歩くシーンはそれほどでもありませんでしたが、ほぼ垂直に切り立った崖が連続する槍ヶ岳・穂高の頂上付近や大キレットの映像は足がすくむほどでした。険しい山頂の至近距離の上空からや深く狭い谷間からの映像は、ヘリやセスナでは絶対に撮れないでしょう。小型機Phantom4による4K撮影でしたが、その画質はハイビジョンで見る限り文句なしに素晴らしく、Phantom4のポテンシャルに驚かされました。
この過酷な登山の様子をドローンで空撮するという試みはこれまで誰もしていない(確認されていない)。確かに絶えず天気が変わり強風が吹きやすい環境で、しかも足場の不安定な中で、自分の身の安全を守りつつドローン操縦と撮影をこなさなければならないのだから、普通の登山よりも数段ハードであり、その技術を持ったドローン操縦士がいなくては成り立たない企画です。
私自身も富士登山や四国内の山には何度も登っていますが、まだドローンを携えて登った経験はありません。ぜひ一度、自分の登山の様子を至近距離の上空から動画で撮影してみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP